リサイクルについて

21世紀-新しい循環型社会を迎えて

現代の私たちの生活は、大量の資源を使い、大量の廃棄物を出しながら『豊かな生活』を営んでいます。その一方で、私たちの生活基盤である環境が徐々に破壊されつつあります。将来の世代の生活基盤を損なうような『豊かな生活』は、本来、私たちが目指すものではありません。これからの新しい循環型社会は、大量生産、大量消費の抑制はもちろん、自然界から採ってきた資源を無駄にすることなく、最大限に活かすシステムを構築すること、これこそ私たちが次世代に残すことができる唯一の財産です。

より価値の高いリサイクルを目指して

豊かな海に囲まれた日本、魚食民族である私たちが魚を消費した時、その不可食部分である、魚あらが発生します。古来より、魚あらは貴重なタンパク源であったわけですが、現代社会では処理しにくい廃棄物として扱われ、1日でも放置されればすぐに腐敗が始り、悪臭を放ち、ゴミとして廃棄するにしても回収時の作業性が悪く困難を極める廃棄物であります。三幾飼料工業株式会社はすでにこの処理の難しい魚あらを毎日回収、即加工処理をして畜産・養魚飼料となる『魚粉』及び食品原料となる『魚油』を製造し、価値の高い資源回収、リサイクル体制を時代に先駆け実現しています。


ページの先頭に戻る